オニ氏にキュンキュンします

貴方ご存知、auの紹介、「代さん桃さん浦さん」種類。

最初は明るいなぁとして何気無く観ていたのですが、菅田将暉くん演ずるオニさんが出てきた途端、とっくにまぶたがクギ設けになってしまいました。

菅田将暉くんは、「料理くん」で初めて観たのですが、その時は思い入れを抱きつくこともなく、そんなに、はっきり言って、菅田くんではなく、オニさんにはまってしまいました。

僅か小気味よい貰い、茶目な貰い、それでも本当に包容技量もありそうな感じで甚だ私の好きな類丸々なのです。

もっと、本当にお隣にいたら、いかんせんとか妄想してしまいます。

それでも何となく不思議なことに、別の紹介や品物で菅田くんを観てもそこまでときめかない…。

オニさんの時に対して、「オニさんのカッコの方が強制喜ばしい!」と思ってしまいます。

今まで概して、世の中も歌手も、ここまで好きになれは、その人がどういうカッコしていようが、どんなシチュエーションにいようが、「何しててもかっこいい!」

としてきたのですが、ちゃんと不思議なキモチだ。

菅田将暉くんの演出技量のなせるコツなのでしょうか。

ともあれ、私はデイリー、auの紹介する度にオニさんが出ていないか探究、ぴったり恋する女子そのものです。

 

 

 

【発芽玄米の底力】本当に発芽した発芽玄米がレンジで3分!

 

 

 

Comments are closed.